子供たちの未来をはぐくむ 家庭教育

文部科学省 文科省HPはこちら

新しいつながり合いのかたち

文部科学省では、平成20年度からの2年間、ITを活用した家庭教育支援方策の一つとして、「地域SNS(ソーシャルネットワークサービス)」を活用し、家庭教育に関する「コミュニティ」を設け、親同士の交流を促進したり、学習機会等への参加の呼びかけ、相談対応等を行う取組を実施しました。
現在も、各地域で、保護者同士が同じ悩みを共有し合ったり、学び合ったりできる様々なコミュニティが設けられ、地域SNSを活用した交流の促進が図られています。
また、10代など若いお母さんのつながり合いや、お父さんのつながり合い、子育て中のお母さんたちが記者となって自分の言葉で感じたことを記事で伝え合う取組など、民間も含め、各種の特色ある取組も進められています。

※文部科学省では、こうした特色ある取組を順次お知らせしていきたいと思いますので、皆様からの情報をお寄せください。



地域SNSでつながろう

地域SNSでつながる家庭教育支援の取組


若いお母さんのつながり合い

ママ達のママ達による子育てスタイル(ROMANTIC MOTHERS STYLEの取組)


お父さんのつながり合い

各地域の父親向けの取組

(厚生労働省)イクメンプロジェクト


子育て支援団体・NPO、民間等の取組紹介

お母さん大学、百万母力プロジェクトの取組

ページトップへ