子供たちの未来をはぐくむ 家庭教育

文部科学省 文科省HPはこちら

児童虐待から子供たちを守るために

児童虐待については、児童相談所への相談対応件数が依然として増加しており、特に子供の生命が奪われるなど重大な事件も跡を絶たない状況にあります。
児童虐待は社会全体で解決しなければならない重要な課題です。
虐待の発未然予防、早期発見・早期対応や虐待を受けた児童生徒の支援について、学校・家庭・地域社会・関係機関が密接に連携することが重要であることを踏まえ、文部科学省や関係省庁では各種の取組を行っています。



文部科学省の取組

文部科学省における児童虐待に関わる施策について(PDF)

児童虐待を防ぐためにみんなでできること ~学校や地域の取組事例~

通知「平成30年度「児童虐待防止推進月間」の実施について(協力依頼)」(平成30年10月)

通知「「児童虐待防止対策の強化に向けた緊急総合対策」の決定について」(平成30年7月)


資料 (通知・研修教材)

通知「学校、保育所、認定こども園及び認可外保育施設から市町村又は児童相談所への定期的な情報提供に関する指針」(平成30年7月)

通知「一時保護等が行われている児童生徒の指導要録に係る適切な対応及び児童虐待防止対策に係る対応について」(平成27年7月)

通知「児童虐待の防止等のための学校、教育委員会等の的確な対応について」(平成22年3月)

研修教材「児童虐待防止と学校」

研修教材「養護教諭のための児童虐待対応の手引き」


関係省庁の取組

厚生労働省における児童虐待防止対策

児童虐待防止推進月間(11月)の取り組みについて(平成30年度)

ページトップへ